金額 1980円(税込)
著者名 江藤健続
ページ数 256ページ
判型 四六判
発刊日 2020.08.31
ISBN 978-4910017068

常識をくつがえせ! 小さいは、強い

大分県佐伯市で古くからコツコツとがんばってきた、町のちっぽけな電気屋「カデンのエトウ」。
よりにもよって、そのすぐ目の前に突然、超巨大家電量販店が出店してきた‼ 町のだれもがつぶされることを予期したそのとき、彼らがとった行動とは!?

本書は、電気屋を営む著者がその実体験をもとに、本当に正しい経営のあり方を舌鋒するどく説いた、スリル満点のビジネス書です。
地方の商店街に立ち並ぶ個人商店が、大型量販店や巨大ショッピングモールに次々と飲み込まれ、姿を消していく昨今。
そんな現状にやりきれない思いを抱く経営者さんや、なんとかがんばってお店を続けたいけれど、その方法がわからないといった店主さんは、数多くいらっしゃるはずです。
そんな方々は、ぜひこの本を手にお取りください。
町の電気屋さん「カデンのエトウ」から生まれたビジネスモデル〝家電のレスキュー隊〟が、いかにして巨大家電量販店と戦い抜き、そして生き残ったのか。
著者たちの奮闘ぶりのなかにこそ、世の経営者が身につけるべき究極の答えがあるからです。「小さいからこそできる戦い方」を手に入れたければ、本書を読むべし!

担当編集
担当編集からのメッセージ

経営理念と情熱で大量販店に勝った地方の電器店の姿に、感動と興奮間違いなしです!

金額 1980円(税込)
著者名 江藤健続
ページ数 256ページ
判型 四六判
発刊日 2020.08.31
ISBN 978-4910017068
目次
閉じる